Moorworks

Patient Hands Japan Tour 2020

カナダのSaskatchewan Music Awards 2019で、Experimental or Contemporary Artist of the Yearを受賞し、注目を集めたアンビエント・ミュージシャンPatient Handsの来日公演が決定!!

2/3(Mon)
渋谷 Shibuya, Tokyo / home
OPEN / START : 19:15 / 19:45
ADV / DOOR : ¥2,200 / ¥2,500
With : ACUA / SPIRO / and more…


2/4(Tue)
松本 Matsumoto / Give Me Little More.
OPEN / START : 19:00 / 19:30
ADV / DOOR : ¥2,000 / ¥2,500
With : 三井未来 / 岩崎初(名古屋)


2/6(Thu)
札幌 Sapporo,Hokkaido / Spiritual Lounge
OPEN / START : 18:00 / 18:30
ADV / DOOR : ¥2,000 / ¥2,500
With : ミチト / うみべの / マ・シンガンサカイ


2/7(Fri)
札幌 Sapporo,Hokkaido / Sound Clue
OPEN / START : TBA
ADV / DOOR : TBA
With : TBA


2/8(Sat)
苫小牧 Tomakomai,Hokkaido / Ellcube
OPEN / START : 17:00 / 17:30
ADV / DOOR : ¥1,500 / ¥2,000
With : Force of celluloid / atomoscope / the Amari / my bird warms a blanket for Colette / Nawate Harutaka


KOTONOHA vol.5 feat.Patient Hands Japan Tour 2020 山形編
2/10(Mon)
山形 Yamagata / Raf-Rec
OPEN / START : 19:00 / 19:20
ADV / DOOR : ¥2,000
With : tori bird / あべ あいこ / dadadubi(from 仙台)


2/11(Tue)
秋田 Akita / Nora Coffee
OPEN / START : TBA
ADV / DOOR : TBA
With : TBA


2/12(Wed)
大宮 Omiya / ヒソミネ Hisomine
OPEN / START : 17:30 / 18:00
ADV / DOOR : ¥2,200
With : GOGHST / 岸真由子+滝沢智恵(from madrone avenue) / 石田力丸 / Ayami Suzuki / meeq with 岡村フミオ


2/13(Thu)
名古屋 Nagoya / k.d.japon
OPEN / START : 19:00 / 19:30
ADV / DOOR : ¥2,000
With : 幽希 / かわにしようじ / 岡林風穂


2/14(Fri)
仙台 Sendai, Miyagi / Piilo (ピーロ)
OPEN / START : TBA
ADV / DOOR : TBA
With : TBA


“K-CLUB”32周年記念大暴動暴走ナイツ第九夜 [ BLUE LIGHT KOCHI ]
2/17(Mon)
高知 Kochi / Chaotic Noise
OPEN / START : 19:00 /19:30
ADV / DOOR : ¥1,500 / ¥2,000
With : necoirazu / SeeBooZ / ハナクソ


2/18(Tue)
高松 Takamatsu / Toonice
OPEN / START : TBA
ADV / DOOR : TBA
With : TBA


『ちかくてもとおくても』
2/19(Wed)
梅田 Umeda,Osaka / HARDRAIN
OPEN / START : 18:30 / 19:00
ADV / DOOR : ¥2,000 / ¥2,500
With : 胡池マキコ/松阪崇久/川内聡一郎/加納良英

Contact - 問い合わせ
inquiry<@>moorworks.com <@>=@

TICKET 予約フォーム

";

BIOGRAPHY

カナダのモントリオールに2015年ロシアから移住したAlex Stooshinoffは、19歳の頃には既に初めてとなるフィールド・レコーディング作品を発表、2015年に発売した次作は、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路でのフィールド・レコーディングを敢行、そして最新作はスタジオレコーディング作品を作り上げた。その最新作はカナダのSaskatchewan Music Awards 2019で、Experimental or Contemporary Artist of the Yearを受賞した。

VIDEO

RELEASE

ヨーロッパや米国とは異なるユニークで豊かなインディーシーンで知られるカナダのモントリオールに2015年ロシアから移住したAlex Stooshinoffは、19歳の頃には既に初めてとなるレコーディング作品を発表している。フィールド・レコーディングを使用し、ペルーのアマゾンでアヤワスカ(*1)を使用し幻覚を見ているかのようなサウンドスケープが展開される。
2015年に発売した次作においては、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(*2)でのフィールド・レコーディングを敢行。
2019年にリリースされた最新作はスタジオで集中的に作業を行い、ベルギーやチリの雑誌でもグローバルに紹介され、ニューヨークのラジオでもオンエアされた。この過去3作を一挙に収録したこの日本でのみリリースされる作品は、図書館などによく置かれている「サウンド・ライブラリー」シリーズをご存知の方もいらっしゃるかと思う、文化遺産である巡礼路のフィールド・レコーディングはそうした文化的価値も併せ持ち、アンビエントや既存のポップミュージックのスケールには収まらない芸術的拡りのある名作となっている。

*1 = アマゾン北西部で伝統的に用いられている幻覚剤。ペルーの国家文化遺産。狭義には原料のひとつ、南米のアマゾン川流域に自生するキントラノオ科のつる植物のバニステリオプシス・カーピ(以下カーピ)のこと。
*2 = キリスト教の聖地であるスペイン、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。