Moorworks

Astral Swans Japan Tour 2019

2018年5月に来日公演を行った、活況のカルガリー・インディ・シーンを牽引するAstral Swansが日本再来日!!!

4/14 (Sun)
大宮 Omiya / ヒソミネ Hisomine
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/15 (Mon)
大阪 Osaka / HARD RAIN
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/16 (Tue)
名古屋 Nagoya / k.d.japon
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA

4/17 (Wed)
松本 Matsumoto / Give Me Little More.
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/18 (Thu)
高知 Kochi / Chaotic Noise
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/19 (Fri)
岡山 Okayama / Crazy Mama
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/20 (Sat)
香川 Kagawa / Toonice
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/21 (Sun)
広島 Hiroshima / Banquet Space O92
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/23 (Tue)
渋谷 Shibuya / home
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/25 (Thu)
札幌 Sapporo,Hokkaido / Spiritual Lounge
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/26 (Fri)
札幌 Sapporo,Hokkaido / Spiritual Lounge
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/27 (Sat)
旭川 Asahikawa,Hokkaido / Boufura
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA


4/28 (Sun)
苫小牧 Tomakomai / Ellecube
OPEN / START : TBA / TBA
ADV / DOOR : TBA / TBA
With : TBA

TICKET 予約フォーム

BIOGRAPHY

Astral Swansはカナダ・カルガリーを拠点に活動するソングライター、Matthew Swannによるローファイ・フォーク・ユニットである。Chad VanGaalenやPreoccupationsといったアーティストを輩出し、カナダ版SXSWとも言うべきSled Islandフェスティバルが開催されるなど、近年大きな盛り上がりを見せているカルガリー・インディ・シーン。その中でAstral Swansは精力的にライブ活動を行ない、Hayden、Feist、Angel Olsen、Julie Doironといったビッグネームとの共演を果たすなど、シーンの隆盛に貢献している。

VIDEO

RELEASE

Astral Swansの2ndアルバム"Strange Prison"がリリース。
Nick DrakeやSibylle Baierの影響を受けたという繊細で温かみのある歌と、Lou BarlowやBill Callahanの諸作のようなシンプルなローファイ・サウンドを基調としながら、ポスト・パンク的な性急なビートや、ストリングスも取り入れた実験的なフォーク・アルバムに仕上がっている。
本作には、共同プロデューサーとしてScott Munro(カルガリーのバンド・Viet Cong改めPreoccupationsのメンバー)、Dan Mangan(映画「しあわせはどこにある」の楽曲で特に知られるSSW)、Paul Chirka(カルガリー・フィル・ハーモニーのエンジニア)の3人が名を連ね、楽曲に多様性をもたらしている。