Moorworks

Scarlett O’Hanna Japan Tour 2017

Wilcoのサポートとしてヨーロッパツアーを周った、美しくメランコリックな女性版ダニエル・ジョンストン、初来日が決定!

6/17 (Sat)
松戸 / Matsudo @ FANCLUB
企画 Organized By : PARADISE AIR

6/19 (Mon)
新代田 / Shindaita,Tokyo @ Fever
Joint In Lydia Ainsworth & Tasseomancy Japan Tour 2017

TICKET 予約フォーム

BIOGRAPHY

Scarlett O'Hannaが書き上げるのは、インディーフォークを匂わせる楽曲たち。楽器の音色に心から沸き上がるような親密な歌で艶めきを与え、ミニマリズムの世界へ誘う。彼女は無駄なものを全て削ぎ落とし、クラシカルでロマンチックな空気を身に纏う。こちらはインディートリオ・CobSOnでも活動する彼女のサイド・ソロプロジェクトなのだが、処女作「Cheap Bling Bling」には、サイドプロジェクトと言ってしまうには惜しい程に、完成された美しい楽曲たちがギュッと詰まっている。その後フランスにあるスタジオで彼女は2ndアルバムを制作するのだった。

VIDEO

RELEASE

フランス出身のシンガー・ソングライターScarlett O’Hannaの新作『Romance Floats』のリリースが決定した。芸術家のようなスタイルで繰り広げられるサウンド、SOはギター、ピアノやハープを奏でる。本質的なサウンドへと還元される。孤独なまま生きて得た女性の強さを持っている。メランコリックな真の愛は絶賛された変人ダニエルジョンストンの終わりにあなたを見つけるでしょう。メランコリックなダニエル・ジョンストンの女性版とも(彼女は相当美しいが)評されている彼女。ギター、ピアノやハープを奏で、芸術的なそのサウンドはミニマリズムとキャバレーの間をいく西洋の古き良き時代の音楽を思い起させる。クラシックから、インディー、フォーク、アンビエント、ピアノと表情を変え、楽器の音色に心から沸き上がるような親密な歌で艶めきを与え、ミニマリズムの世界へ誘う。無駄なものを全て削ぎ落とし本質的なサウンドへと還元させる。